HappyHappyRecyclingリサイクルショップ大阪

リサイクルショップで快適便利生活をおくる!

リサイクルショップは新品同様のものが売られていたり商品によっては高額で買い取ってもらえます。最近では特にブランド品なども、充実していることから人気があります。

TOP > スクラバー > スクラバーとはなにか

スクラバーとはなにか項目

  1. スクラバーとはなにか
  2. スクラバーと吸収塔との違い
  3. スクラバーは排出される汚染物質の粒子を除去
  4. バイオデオライザーは環境に優しいスクラバーです
  5. クリーンな環境を守るためにスクラバーの設置は必須
  6. スクラバーのファンの点検で重要なポイント
  7. スクラバーという設備の存在意義
  8. 現代に欠かせないスクラバーとは
  9. スクラバーの設置についてはメーカーに問い合わせを
  10. 工場などで導入されているスクラバーという装置について
  11. 幅広い用途で使われるスクラバー
  12. 空気を清浄化するスクラバー

スクラバーとはなにか

スクラバーは様々な用途で用いられていますが、特に化学関係の仕事についている方のほうがなじみ深いものとなっています。原理として大きく分けると2種類あり、湿式と乾式があります。湿式スクラバーは、特に、大量の酸の蒸気が発生するような化学施設の場合に用いられることが多くなっており、薬液を処理したいガスに吹きかけることで接触させることを原理としています。

薬液の循環を必要とすることから、比較的、大掛かりな施設となってしまいます。乾式スクラバーは、固定された吸着剤、例えば活性炭などのようなものにガスを吸着させることを原理としています。吸着剤を変えることで様々なガスに対処することができますが、活性炭は特に有機溶剤に対して大きな効果を発揮します。

スクラバーの製造、販売はアイエンス。

スクラバーと吸収塔との違い

スクラバーの日本語訳は「ガス洗浄装置」というのが一般的ですが、英語のscrubには取り除くという意味があります。ここからガス洗浄装置という訳が与えられているのですが、その機能から見て吸収塔と言う訳も用いられています。

ただ、水などの液体を用いずに、固体の吸収剤を用いる方式もあるので、厳密な議論をする場合にはスクラバーは気液向流の装置を意味するとした方が混乱を避けることができます。吸収塔には固体の吸収剤が用いられており、吸収の進行と共に能力は低下するので、使用時間の管理が重要になります。限界を過ぎた吸収剤は交換する必要があるため、作業としては増加します。

スクラバーは排出される汚染物質の粒子を除去

化学物質を排出する研究室や、工場などの排気システムには汚染物質を除去するスクラバーを設置することが必要です。排出されるガスに含まれる微細な汚染物質を含む粒子を除去することで、悪臭や大気汚染を防止し、周辺環境の保護を実現できます。

スクラバーは大きく区分すると湿式と乾式の二通りのシステムに分けられ、排出されるガスの種別によって適切なスクラバーを設置することが重要です。設置については多くの受注実績を持つ専門の業者に任せることがベストです。工場のシステムに応じ最も適切な配置を行って環境汚染の防止を実現します。

バイオデオライザーは環境に優しいスクラバーです

バイオデオライザーは、循環式スクラバーで、超高性能な集塵脱臭装置です。水膜によって、確実に臭気成分を捕捉しますし、その捕捉した有機物を生分解しますから、循環水の腐敗を抑制します。このため、長期間にわたり、水交換が不要となりました。

このように、バイオデオライザーは、水洗スクラバー式脱臭機の欠点である水の腐敗やスラッジの発生が抑制された新しいタイプの環境に優しいスクラバーなのです。カートリッジの交換も一人で楽々と出来てしまいますし、閉塞しにくい構造になっていますので、圧力損失が変わりにくいのも利点です。

クリーンな環境を守るためにスクラバーの設置は必須

有害物質を排出する研究所や工場には、大気汚染を防止するために厳しい環境保持の義務が課せられています。スクラバーの設置で周辺環境をクリーンに保つことが重要です。スクラバーには大きく分けると湿式と乾式のタイプがあります。

除去したい物質の種類によって設置する方式が異なりますので、詳細を事前に検討し専門業者との綿密な連携が必須であると言えます。 排気をクリーンにすることで企業イメージも向上しますし、実際に公害を防ぐことが可能です。スクラバーの設置には専門的な知識と工事技術が必須ですので、専門業者への連絡をおすすめします。

スクラバーのファンの点検で重要なポイント

スクラバーは工場内で発生する汚れた空気を浄化し排出基準に合致した清浄度にするために非常に重要な装置です。現在では工場などで排出される排気は一定の清浄度に達していないといけないことが法律で決められており、これに違反すると操業停止などの重大な罰則が科せられるため、スクラバーの性能は常に維持されていないといけないものです。

スクラバーの中で最も重要な部分は汚れた空気を装置内に送り込むためのファンで、この部分は入念な点検を行う必要があります。ファン自身が汚れやすいほか、ベルトが切れてしまうと正常に装置が機能しないため、これらを入念に点検することが大切です。

スクラバーという設備の存在意義

多くの製造工場や化学工場、化学実験などを行う施設において必要不可欠な設備が、スクラバーというものです。これがなければ操業していくことは不可能になるといっても過言ではないのです。なぜならこの設備が、有害物質を取り除くなどの働きをする、洗浄塔と呼ばれるものだからです。

上記の工場や施設では、作業工程で有害物質を含んだガスが発生します。これはある種仕方のないものです。しかし、そのガスをそのまま大気に放出するわけにはいきません。光化学スモッグのような公害を引きおこしかねないためです。そうした事態を防ぐために、スクラバーで中和をするなどして無害なガスへと変えてから排出します。

現代に欠かせないスクラバーとは

二酸化炭素排出量の削減を目的に、製造された排気設備をスクラバーといいます。気体中に含まれる微粒子が、洗浄液によって補集されることによって除去される仕組みです。洗浄液に気流を通す溜水式のものや、微小液滴になった洗浄液を気流中に吹き付けるスプレー塔式のものなど、いくつかに分類されます。

地球にやさしい環境づくりが叫ばれる中、現代の生活においてなくてはならない存在でもあります。さらに、産業をメインに幅広く開発され、作業環境を維持するためにも大切にされています。コストパフォーマンスが抜群に優れているもの、性能のクオリティが高いものなど、選択肢もさまざまです。

会社名株式会社アイエンス
本社〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀1丁目21-7 コーワ江戸堀ビル3F
最寄駅大阪メトロ四つ橋線肥後橋駅徒歩5分
TEL06-6225-2323
神戸支店〒650-0012 兵庫県神戸市中央区北長狭通7丁目3-3
東京オフィス〒108-0023 東京都港区芝浦3丁目14-19 大成企業ビル6F
設立年月日03-6869-9189
TEL平成12年10月24日
URLhttps://www.aience.co.jp/

スクラバーの設置についてはメーカーに問い合わせを

工場からの汚染されている排ガスなどの排出をおこなう場合には、スクラバーの設置を考えることでしょう。そのようなことを考えた場合には、取り扱っているメーカー会社をインターネットなどで調べ、その会社に在籍する営業マンに来てもらうことをおすすめします。

現場に来てもらうことで、どのような対策をすべきか的確にアドバイスをくれるでしょう。スクラバーについてもさまざまな種類のものがありますので、しっかりと説明を受けておいた方がいいでしょう。設置するにあたって、多くの費用がかかって来ますのでしっかりと納得した上で設置することが大切になります。

工場などで導入されているスクラバーという装置について

スクラバーは、洗浄塔システムと共に大気汚染防止システムのひとつを示す名称です。工場などで発生する排気に含まれる有害ガスや塵や粒子などの汚染物質を、吸着や水洗、薬液中和などの方法を用いて取り除く、排ガス洗浄装置です。

スクラバーによる汚染物質の取り除く仕組みは、汚染物質を中和する効果のある洗浄液を使用する湿式洗浄や、吸着剤やフィルターなどを使用して汚染物質を取り除く乾式洗浄といった仕組みがあります。環境問題への対策へとして、工場など排ガスが製造工程で発生する場所には欠かせないもので、広く導入されている装置であり、設置環境や目的に合わせたものが開発されています。

幅広い用途で使われるスクラバー

スクラバーは名前だけ聞くと、頭に思い描くことが難しいかもしれませんが、わたしたちの生活で多く見かけることができます。スクラバーは簡単に説明すると、汚れた空気をきれいにするフィルター装置の役割を果たしていて、高性能なものであればホコリまできれいにできるようです。

飲食店や工場で活躍しており、用途については、工場と言っても食品を扱う工場からインクを取り扱う塗装工場まで幅広い場所で扱われているようです。空気をきれいにでき大気に有毒なガスが漏れる心配もないため、酸性雨として汚染されることもないことから環境問題にも対応できるようです。

空気を清浄化するスクラバー

工場等の汚染ガスをキレイにして放出する洗浄装置をスクラバーと言います。高濃度の酸性ガスやアルカリ性のガスなど、いろいろな種類の汚染ガスをキレイにすることができるものです。構造としては、汚染ガスを吸い込み洗浄液を吹き付け、液滴、液膜、気泡等により汚染ガスを洗浄し、粒子を付着させたり凝集をはかるやり方です。

種類も豊富で溜水式、加圧水式、充填塔式、回転式の4種類があります。それぞれ特徴がありますが、これらをまとめてスクラバーと言われています。すべての装置に言える事が、これだけの装置にも関わらず小型です。

スクラバー情報に関する記事

メニュー

リサイクルショップで快適便利生活TOP リサイクルショップ リサイクルショップ大阪 不用品買取 スクラバー 公園施設 遊具 排ガス処理装置のスクラバー スクラバー製造 スクラバー設備 環境対策

リサイクルショップ、スクラバー、公園施設、遊具の情報以外についてのお問い合わせはここ

リサイクルショップ、スクラバー、公園施設、遊具の情報の今後どんどん増やしていきます。